トップページ > 市民の方へ > くらしと仕事 > まち美化、環境保全 > 環境にやさしいくらし > 平成29年度雨水利用タンク普及促進事業補助金のお知らせ

平成29年度雨水利用タンク普及促進事業補助金のお知らせ

更新日:2017年05月09日

 平成29年度石巻市雨水利用タンク普及促進事業補助金の申請受付を行います。

 制度の主な内容は、次のとおりです。

 申請に必要な書類及び詳細については、別添の手引き等でご確認ください。

 

1 事業内容

  ア 補助対象者(次に掲げる全ての条件を満たす方)

   (1) 石巻市内に住所を有する個人又は石巻市内に事務所等を置く法人(個人事業主を含む。)で、石巻市内において、

     自らの住居又は店舗・事業所等として使用している建物に雨水利用タンクを設置した方。

   (2) 全ての市税に滞納がない方 
 
   (3) 平成29年4月1日以降に雨水利用タンクを購入及び設置した方。

          (注) 平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日)に対象システムを設置した方で、
  
              補助金の交付申請をすることが出来なかった方も補助の対象となります。

  イ 補助対象となる雨水利用タンクは、次の全ての要件に適合するものです。

    (1) 建物の屋根に降った雨水を集めて利用するという用途で販売されている専用の製品(貯水タンク)であること。

    (2) 貯水容量が80リットル以上であること。

    (3) 新品であること。

  ウ 補助金の交付額

        雨水利用タンクの購入及び設置に係る費用(税抜)に2分の1を乗じて得た額とし、上限を30,000円とします。

        ただし、その額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額とします。 

        (注) 補助対象は住宅及び事業所等1棟につき1基までです。

  エ 申請書受付期間

        平成29年5月8日月曜日から平成30年3月30日金曜日まで。

        なお、申請額が予算の総額を超えた場合は、受付は終了とさせていただきます。

  オ 申請に必要な書類

   申請にあたっては、次の書類を準備してください。

    (1) 石巻市雨水利用タンク普及促進事業補助金交付申請書(様式第1号)

    (2) 振込先の金融機関名、支店名、預金区別、口座番号、口座名義人を確認できる通帳等の写し

    (3) 石巻市雨水利用タンク普及促進事業補助金に係る市税完納証明願兼証明書(様式第2号)

    (4) 購入費及び設置費に係る領収書の写し

    (5) 対象雨水利用タンクの設置状態がわかるカラー写真


    (注) 個人の申請の場合で、建物の名義が申請者以外の場合、「対象システムを設置した建物の所有者の

       承諾書」が必要となります。

 

2 申請方法

   「補助金申請の手引き」と申請に必要な様式は、下記の「関連ファイル」からダウンロードできます。
  
 また、環境課、各支所及び各総合支所の市民生活課の窓口で交付しています。

 申請にあたっては、申請書に必要事項を記載のうえ、必要書類を添えて1部を申請先まで提出してください。

 【申請先】

  <窓口の場合>

    石巻市穀町14番1号 石巻市役所本庁舎3階 石巻市生活環境部環境課

    電話:(0225)95-1111 内線3367・3368・3369

    FAX:(0225)22-6120

  <郵送の場合>

    〒986-8501 石巻市穀町14番1号 石巻市生活環境部環境課 環境保全グループ  宛

    (注) 書留など配達記録が残る方法で提出してください

3 交付決定

 交付を決定した場合は、補助金の振込み予定年月日を記載した交付決定通知書兼確定通知書を送付します。

 その後、申請者から指定された金融機関の口座に補助金を振り込みます。

 制度について不明な点がありましたら、担当までお問い合わせください。

 【担当】:石巻市生活環境部環境課環境保全グループ 

       内線3367・3368・3369                                              

4 利用者の声

    雨水利用タンクを購入し、使用されている方のご意見です。
雨水利用タンク
  ・鉢等に水をやって水道代が少しでも助かっています。

  ・庭の木や花などの水、水道代が助かります。

  ・金魚を飼育しているので雨水が大変良い。

  ・タンクに水が溜まっていると思うと地震が来ても安心です。

  ・震災時等役立ちそうだし、あって損はないと思う。

  ・容量が多いほど費用対効果が出ると思います。

お問い合わせ先

部署名:生活環境部 環境課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
墓地・斎場担当 3365
環境衛生担当 3363
狂犬病予防担当 3364
環境保全担当 3368