トップページ > 復興情報 > 都市基盤復興 > 被災市街地復興推進地域内の建築制限の解除について

被災市街地復興推進地域内の建築制限の解除について

更新日:2013年03月29日

 平成25年3月10日をもって、都市計画法及び被災市街地復興特別措置法により石巻市の一部でも定められている、被災市街地復興推進地域内の建築行為等の制限が解除となりました。

建築制限の概要

 石巻市では、東日本大震災により被害を受けた市街地について、安全で災害に強いまちづくりを推進するため、平成23年9月12日に、被災市街地復興推進地域(西部・東部・中部の3地域で約450ha)を定めております。
 この地域では、河川堤防や高盛土道路等の整備をはじめ、住みよいまちづくりを行う土地区画整理事業等へ円滑に移行できるよう、震災発生から2年の間、建築行為等の制限を行っておりました。(※)
 この制限により、これまで、「自己居住用又は自己業務用の建築物(回数が2階以下で地下無、構造が木造や鉄骨造等、容易に移転除却可能、敷地面積300m2未満)」は、許可を受ければ建築は可能でしたが、規模の大きな建物、復興に係る事業に支障となる場合等は建築行為等ができませんでした。
 平成25年3月11日(月)からは、この制限が解除となりました。

(※)地域内で新たに都市施設・市街地開発事業等が都市計画決定された区域は、都市計画法第53条による制限に移行されております。

復興に向けた取り組みは継続します

 被災市街地復興推進地域内すべての地区の復興には、まだまだ時間を要します。石巻市では、建築行為等の制限が解除された後も、津波防御施設や市街地の整備を推進し、安全安心なまちづくりに努めてまいります。
 引き続き、復旧・復興事業へのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

ご注意

  • 建築確認申請やその他各種申請等、建築行為等をする際に必要な手続きについては、これまでどおり行っていただくことに変わりはありません。
  • 平成24年12月1日に指定した、『災害危険区域』内の建築制限の解除のことではありません。

お問い合わせ先

部署名:復興事業部 基盤整備課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
事業調整担当 5517
公園担当 5516
総務担当 5514