トップページ > 第2回未来石巻市政策コンテスト決勝大会結果発表

第2回未来石巻市政策コンテスト決勝大会結果発表

更新日:2017年11月08日
内容高校生・大学生のチームが「石巻市の30年後のビジョンおよび10年後の重点施策・予算案」というテーマのもと、「もし自分が市長だったらどのようなまちを創るか…」を提案する本コンテストを開催しました。決勝大会では、12チームが提案を行い、来場者の投票により石巻専修大学チーム「ABACUS」が最優秀賞を獲得しました。また、優秀賞として宮城県石巻商業高等学校チーム「石巻次世代の担い手」が選ばれました。さらに、石巻青年会議所より「JC理事長賞」が設けられ、宮城県石巻高等学校チーム「はんちゃん」が選ばれました。
最優秀賞:「ABACUS」石巻のそろばん文化の復活を目指すために、そろばんには「集中力・ひらめき力・発想」という効果があることを宣伝して普及促進を図り、そろばん技能を有する人を募って指導者を集め、世代を越えて気軽にそろばんを学べる環境をつくり、人と人との交流によるそろばん教育を推進する。さらに、そろばん技術の向上と経験者同士の交流を図るための「そろばん大会」を開催し、参加者の増加に合わせて全国大会、世界大会へと発展させていく。
優秀賞:「石巻次世代の担い手」桃生地区とチュニジア共和国との友好関係をさらに発展させ、文化・産業の交流を推進するため、世界農業遺産(チュニジア共和国は2011年に登録)に登録し、地場産品のブランド価値を高めて所得・雇用の向上を図るとともに、チュニジア共和国の遺跡を模した総合複合施設「チュニジアの丘」(仮称)を建設し、地域コミュニティや観光客誘致に活用することにより、地域の経済発展と環境保護の両立を備えた総合的な地域活性化を行う。
JC理事長賞:「はんちゃん」少子高齢化による二極化は、若者への依存度を高める。このため、小中学生の時期から地域清掃やスポーツ活動に積極的な参加を促し、地元への愛着を深めるとともに、高校生には就職体験や地元企業の説明会を行い、採用に地元優先枠を設けて地元定着を図り、市外の若者には、I・Jターン者への移住支援を行う代わりに石巻の情報発信を担ってもらう。また、若者が市政について考える機会をつくるなど、世代に応じたきめ細かい対応を通じて地元に根付く若者を増やす。

決勝大会の様子

 最優秀賞:ABACUSの写真 最優秀賞:石巻次世代の担い手の写真 JC理事長賞 : はんちゃんの写真
 最優秀賞 : ABACUS  最優秀賞 : 石巻次世代の担い手  JC理事長賞 : はんちゃん
表彰式の様子 表彰式の様子 表彰式の様子
発表の様子 発表の様子 発表の様子
投票の様子 市長から冠の贈呈の写真 集合記念写真
チーム発表を聞いて、来場者が一番
良いと思うチームに投票
石巻市産:北限のオリーブを使った冠
を亀山市長から最優秀チームに贈呈
県内6大学、市内3高校から、
12チーム63名が参加

9月2日中間チェックの様子

 発表の様子1  発表の様子2  発表の様子3
 発表の様子4  発表の様子5  発表の様子6
 発表の様子7  発表の様子8 発表の様子9 
発表の様子10 発表の様子11 発表の様子12

 8月7日中間チェック前相談会の様子

 相談会の様子4 相談会の様子2 相談会の様子6 
 相談会の様子1 相談会の様子5  相談会の様子3 
相談会の様子7 相談会の様子8 相談会の様子9

7月22日キックオフの様子

キックオフ開催1 キックオフ開催2 キックオフ開催3 
キックオフ開催4 キックオフ開催5  キックオフ開催6 
キックオフ開催7 キックオフ開催8 キックオフ開催9 
キックオフ開催10 キックオフ開催11 キックオフ開催12 
キックオフ開催13 キックオフ開催14 キックオフ開催15 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:復興政策部 復興政策課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
政策管理担当 4215
政策調整担当 4218