トップページ > 施設マップ > 情報プラザ > ディスクの容量制限について

ディスクの容量制限について

更新日:2013年03月10日

 利用者が使用可能なディスクの容量は、10メガバイトまで無料でご利用できます。

 また、利用者のディスク使用状況は、ホームディレクトリのquotaディレクトリ(フォルダ)以下にあるquota.txtファイルで確認することが可能です。FTPで取得してからご覧ください。


Disk quotas for user testuser (uid 502):

Filesystem  usage  quota  limit  grace  files  quota  limit  grace
/usr/home     70   10240   10240         5      0     0
 

 「usage」の値が現在利用者が使用中のblock数、quota及びlimitが利用者が利用できる容量の上限です。1blockは 1024バイトになりますので、この例の場合は以下の通りになります。

10240block(上限)1024(1block当りのバイト数)/1,048,576=約10メガバイト

 usageの値がquota又はlimitの値に近ければ近いほど、保存できる容量が少なくなることになり、同じ値になると、それ以上ファイルを保存することができなくなります。

 もし、容量制限になった場合は、不要なファイルを削除するなどの作業を行なうことにより、新たにファイルを転送することが可能になります。また、別途お申し込みいただくことにより、有料で制限を増やす事も可能です。

FTPログオン時のホームディレクトリの構成

ホームディレクトリ

  • public_html(HTMLコンテンツの保存場所)
  • usage(アクセスログ解析結果の保存場所。書込み・削除不可)
  • quota(ディスク容量制限に関する情報の保存場所。書込み・削除不可)

 

ディスクの容量制限に関する注意点

  • ディスクの容量制限は、利用者のホームディレクトリにあるファイル又はディレクトリで、かつ、利用者のユーザIDが、そのファイル又はディレクトリの所有者の場合に限り、カウントされます。
  • ディスクの容量制限は、利用者のホームディレクトリにあるファイル又はディレクトリで、かつ、利用者のユーザIDが、そのファイル又はディレクトリの所有者の場合に限り、カウントされます。 
  • 掲示板のログデータ等、随時ファイル容量に増減がある場合、容量制限になると、CGIの意図とする適切なデータ保存ができなくなります。quota.txtファイルを適時確認の上、トラブルがないよう努めてください。 
  • 使用済みブロック数の値には、若干の誤差があります。(quota及びlimit値が10,240にも関わらず、10,239でディレクトリの容量制限になる場合があります。)これはサーバの仕様です。
  • quota.txtファイルは約15分毎に自動更新されます。

お問い合わせ先

部署名:総務部 情報システム課 情報プラザ
電話番号:0225-61-1200