トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 男女共同参画 > ドメスティック・バイオレンス(DV)について

ドメスティック・バイオレンス(DV)について

更新日:2016年12月20日

DVは犯罪となる行為をも含む「人権侵害」です。

 ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、配偶者(元配偶者)やパートナーからふるわれる暴力をいいます。
 
 これまで、ドメスティック・バイオレンスは、家庭内の問題であるとして、法律の整備や対応も含め被害者の保護は
 重要視されてきませんでした。
 DV防止法の施行に伴い、警察をはじめ国全体で、DVの防止及び被害者の保護を図っており、
 2015年に全国の警察が把握したDVの件数は、6万3千件を超え12年連続で増加しています。
 その内の被害者の9割は女性ですが、男性が被害者となるケースも報告されています。
 
 しかし、様々な形態の暴力にひたすら耐えてしまう被害者の心理と、援助する側の人々も含めた世間の理解不足により、
 DVの被害が潜在化している状況があります。

 また、DVは家庭内で起こることが多く、暴力を見て(受けて)育った子どもたちへ及ぼす影響も懸念されています。
  

DVには、様々な暴力の形態があります。

  • 身体的暴力  殴る、蹴る、物を投げつける
  • 精神的暴力  脅す、ののしる、卑下する、無視する、大切なものを壊す
  • 経済的暴力  生活費を入れない、借金を重ねる、外で働くことを妨害する
  • 性的暴力   性行為を強要する、避妊に協力しない
  • 社会的暴力  行動の監視や制限、親・家族・友人との付き合いを制限する   など
                                         これらの行為は、DVに見られる一例です。  

暴力は繰り返され、エスカレートします。

 次のような3つのサイクルで暴力は繰り返されます。
  1. 緊張蓄積期  日常的な緊張が積み重なっていく
  2. 暴力爆発期  暴力が爆発する
  3. ハネムーン期 暴力を反省し、一時的にやさしくなる
 多くの場合、一時的にやさしくなるハネムーン期があるため、「今度こそは大丈夫」という希望を持たせ、暴力のサイクルから
 抜け出せない傾向にあります。

もしもあなたがDVを受けていたら・・・、あなたの周りに苦しんでいる人がいたら・・・

 暴力は、それをふるう方が悪いのです。あなたに落ち度はありません。 
 石巻市にもDVに関する相談窓口があります。勇気を出して相談してみてください。

 また、自分自身がDV被害者であるということに気付いていない場合もあります。
 周りの人が、DVについて正しい認識を持つことで、早期にDV被害に気付き、相談機関の情報提供等行動することも大切です。

石巻市のDVに関する相談窓口

  • 福祉部虐待防止センター  受付時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時
      電話番号:0225-95-1111(内線番号:2535,2538,2539,2543)
      直通電話番号:0225-23-6614

    【支援施策】  ・生命や身体的外傷の危険性があり、生活の場が確保できない場合の緊急一時保護
            ・住民基本台帳事務における支援措置(住民票、戸籍附票の閲覧制限) 
            ・裁判所へ保護命令を申立する際の同行支援
            ・心理ケアが必要な場合、専門知識を有するアドバイザーから指導・助言 

  • 石巻警察署生活安全課
      電話番号:95-4141 

県内のDVに関する相談窓口

  • 宮城県「みやぎ男女共同参画相談室」
      一般相談(性別問わず) 
        電話番号:022-211-2570 受付時間:月曜日から金曜日 8時30分から16時45分
      男性相談
        電話番号:022-211-2557 受付時間:毎週水曜日 12時30分から16時30分

  • 宮城県女性相談センター(宮城県配偶者暴力相談支援センター)
        電話番号:022-256-0965(電話・来所相談) 受付時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時

  •  宮城県警察
      「警察相談専用電話」
         電話番号:#9110 ダイヤル回線の電話からは 022-266-9110 受付時間:24時間受
      「性犯罪相談電話」
         電話番号:022-221-7198 受付時間:月曜日から金曜日 9時から17時45分

  • よりそいホットライン(一般社団法人社会的包摂サポートセンター)
         電話番号:0120-279-338(フリーダイヤル) 受付時間:24時間受付(DV・性暴力の相談は「3」を押す)

  • 女性の人権ホットライン(仙台法務局)
         電話番号:0570-070-810 受付時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分

  • 特定非営利活動法人ハーティ仙台  
         電話番号:022-274-1885 受付時間:月曜日から金曜日 13時30分から16時30分

 
誰もが安心して安全に生活する権利があるのです!

  参考 外部リンク  内閣府男女共同参画局 配偶者からの暴力被害者支援情報


DV防止法について

 ドメスティック・バイオレンスの被害者の安全確保とDV防止を目的に、平成13年10月「DV防止法(正式名称は、「配偶者からの
 暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」)」が施行されました。(平成26年4月最終改正)

 DV防止法では、配偶者(内縁を含む)及び元配偶者からの暴力に悩む人のために、次の3つの対応が規定されています。

  •  配偶者暴力相談支援センター
     被害者の相談や保護、自立支援を行うため、都道府県に設置される機関です。宮城県では、「宮城県女性相談センター」
     が窓口になります。対応内容は、中・長期的視野に立った支援等の活動が中心となります。
  •  警察
      暴力の制止、被害者の保護や捜査活動等を行います。緊急的な対応が中心となります。
  •  地方裁判所
      被害者の申し立てに基づき、必要性を判断し、「保護命令」を発します。

保護命令の種類

 (DV防止法第10条から抜粋)
  •  接近禁止命令 6ヵ月間、被害者の住居や勤務先等の付近を徘徊することを禁止するもの
  •  退去命令    2ヵ月間、住居から退去すること命ずるもの
                     保護命令に違反すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

お問い合わせ先

部署名:復興政策部 地域協働課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
男女共同参画担当 4233
行政委員担当 4235
地域自治・NPO担当 4234
コミュニティ支援担当 4236
コミュニティーセンター・防犯協会担当 4237
住居表示担当 4238