トップページ > 市のプロフィール > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 記者会見コメント > 平成23年度 > 町内会やコミュニティグループによる支援物資等配給の終了(平成23年10月19日)

町内会やコミュニティグループによる支援物資等配給の終了(平成23年10月19日)

更新日:2013年03月09日

 震災後、電気・ガス・水道のライフラインが回復しておらず、また、自宅周辺の商業環境が整っていない世帯に対し、町内会組織やコミュニティグループの協力をいただきながら、食料及び日常品等の配給を行って参りました。

 ピーク時には180個所、56,000人に配給をしておりましたが、その後、徐々にライフラインの回復や商業施設の開店などが進み、配給グループからの自主終了報告を受け、現在では、58個所、約2,700人の配給になっております。

 去る10月11日に避難所を閉鎖いたしましたが、避難所から配給を受けていた方々の自主的な終了が多数あったことや配給グループからの配給終了の問い合わせが多く寄せられたことなどから、実態調査を実施し、今後の配給をどうするかについて検討することといたしました。

 調査につきましては、配給地区のうち被災が大きかった門脇・湊・渡波の3地域からの抽出による訪問調査を実施しましたところ、在宅地域におきましては、ライフラインがほぼ回復し、量販店やコンビニエンスストアなども約8割が自宅付近で営業を開始しているなど、食料品・日常生活用品等の購入環境も回復してきております。

 このように、ライフラインの回復や商業施設の営業開始が進んできておりますことから、震災発生から8ヵ月目となる11月10日の配給をもって終了することといたしました。

 なお、生活相談等の対応につきましては、個別的に応じたいと考えております。

 長期間にわたり、支援物資等の配給にご協力をいただきました町内会組織やコミュニティグループの皆様に深く感謝を申し上げます。

お問い合わせ先

部署名:総務部 秘書広報課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
秘書担当 4013
広聴担当 4023
広報・ホームページ担当 4025
市報担当 4025