トップページ > 市のプロフィール > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 記者会見コメント > 平成23年度 > 避難所の閉鎖時期(平成23年9月16日)

避難所の閉鎖時期(平成23年9月16日)

更新日:2013年03月09日

 「避難所の閉鎖時期」について、御報告させていただきます。

 本年3月11日、本市に未曾有の被害をもたらした「東日本大震災」発生後、6ヵ月を経過いたしました。

 被災なされた市民の皆様には改めましてお見舞い申し上げます。

 これまで、国・県を初めといたしました関係機関、全国のボランティア団体の皆様方及び市民の皆様方の御協力を賜りながら、復旧・復興に向けて、全力で取り組んでまいったところであります。

 震災当初、「259ヵ所」に「5万人」を超える市民の皆様方が指定避難所のほか、民間施設や地域の集会所等に避難されておりましたが、現在もなお、「47ヵ所」に「1,352人」の方々が、生活の場を確保することができず、避難所生活を余儀なくされており、今回の大震災が本市にもたらした被害の大きさを痛感いたしております。

 このような状況の中、避難所につきましては、応急仮設住宅が充足し、避難されている皆様方の居住の場が確保された段階でなければ閉鎖はできないものと考えており、市内各所に「7,297戸」の応急仮設住宅を建設するとともに、民間賃貸住宅の応急仮設住宅への切り替え制度及び応急修理制度の利用促進を図りながら、被災された市民の皆様方の居住環境の整備に取り組んできたところであります。

 現在着工している「7,297戸」の応急仮設住宅は、9月20日までに全て完成予定でありますことから、現在もなお、応急仮設住宅に当選されていないで避難所に避難されている皆様方に対しましては、入居可能な応急仮設住宅を御案内いたしたところであります。

 なお、入居先が決まらない避難者の方につきましては、引き続き御相談をさせていただきたいと考えております。

 このようなことから、本市の避難所の閉鎖につきましては、避難者の皆様方への周知期間、移動の準備期間等を考慮いたしまして、「10月11日」を目標としたところであります。

 今後も、避難者の方々のニーズを把握しながら、生活環境の改善を図りたいと存じますので、御協力をいただきたいと考えております。

お問い合わせ先

部署名:総務部 秘書広報課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
秘書担当 4013
広聴担当 4023
広報・ホームページ担当 4025
市報担当 4025