トップページ > 市のプロフィール > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 記者会見コメント > 平成22年度 > 市長記者会見コメント(2010年5月11日)

市長記者会見コメント(2010年5月11日)

更新日:2013年03月01日

子育てサロンの利用状況について

 新庁舎5階に設置しました「子育てサロン」の利用状況についてお知らせいたします。

 3月23日に利用を開始してから、4月30日までの間に627人 、一日平均16人の親子が利用しております。

 この人数につきましては、施設を利用する際、利用者自身が利用者名簿に記入したものを集計したものであり、実際には、この数字以上の方々が利用されているものと思われます。

 グループでの利用も多く、保護者の交流の場としても利用されているところであります。

 また、毎週土曜日には、「子育て相談員」を配置し、利用するかたがたへのアドバイスを行っておりますが、悩み相談も2件受けており、関係部署との連携を図りながら、対処しているところであります。

 今後につきましても、これまでの子育てサロンの利用状況や相談内容を検証するとともに、事業のPRに努め、施設の利用促進に努めてまいりたいと考えております。

毎月第3日曜日の休日における 窓口開庁の実施について

 新庁舎移転に伴い、新たに実施しました先月4月の第3日曜日の休日窓口開庁について、お知らせします。

 この時期は入学、就職、転勤などで転入や転出等の届出が多い時期でもあり、4月の休日開庁は全体で63件の取り扱いがありました。

 仕事などで平日の日中に来庁できない方のための利便性向上に効果があったものと思われます。

 内容は、住所異動・保険手続などの各種届出が21件、各種証明書の発行及び印鑑登録などで36件、納付・納税相談などで6件の取り扱いがありました。

 今後とも実施に当たり、広くご理解を頂けるよう市報及びホームページに掲載し、広報に努めていきますので、皆様におかれましても周知協力方よろしくお願い申し上げます。

 なお、新庁舎移転に伴い、拡大したサービスとして、新庁舎総合案内脇に設置しました証明書自動交付機については、エスタの営業終了時間に合わせて午後7時までの稼働であったものを午後8時まで時間を延長しておりますので、併せてお知らせします。

石巻市住宅リフォーム補助金交付制度について

 市民が安心して住み続けられる住まいづくりと市内住宅関連産業を中心とする地域経済の活性化を図るため、市民が行う住宅リフォームへの補助金交付制度を創設いたしましたが、その補助金交付申請書の受付を6月1日から開始いたします。

 本補助金交付制度は、市民の居住環境の向上に資することを目的に、税抜きで1件10万円以上の住宅リフォーム工事が対象で、工事費の10%・20万円を上限として補助するものでありますが、予算総額2,000万円を全額執行した場合、本補助金交付制度を基に、少なくとも総額2億円の住宅リフォーム工事が行われることとなり、本市の経済状況回復の一助となるものと思っております。

 また、住宅リフォームの施工事業者は、市内に本社機能を有する法人と個人事業者としておりますので、地元事業者の育成にもつながるものと考えております。

 本制度が、現在、リフォームを計画されている市民の皆様から広く支持していただきまして、本補助金交付制度が地元経済の活性化や安心して長く住み続けられるまちづくりの契機となりますことを期待しております。

石巻市太陽光発電普及促進事業補助金制度の経過について

 太陽光発電システムの導入を促進する制度として実施しております「石巻市太陽光発電普及促進事業補助金制度」の経過について御説明申し上げます。

 本制度は、自然エネルギーの利用を促進することにより、二酸化炭素の排出量を抑制し、地球温暖化の防止に資するとともに、市民の皆様の環境に対する意識の高揚を図ることを目的として、昨年4月以降に個人用住宅並びに事業所等に設置した、太陽光発電システムの導入に係る経費の一部を助成するもので、国の補助制度と併せて利用できるものであります。

 昨年度の補助実績は、個人用住宅が141件、事業所が2件、合計で143件となっております。

 最高出力の合計につきましては個人住宅が585.60キロワット、事業所が15.78キロワット、二酸化炭素削減効果としては、合計で年間約198トンの抑制となっております。

 本制度は、今年度も継続して行うこととしており、本市といたしましては、この太陽光発電普及促進事業補助金の制度と併せまして、庁舎及び6総合支所管内の施設への太陽光発電システムの設置などによりまして、計画的に二酸化炭素の排出量の抑制と、環境に対する意識の高揚を図ってまいりたいと考えております。

お問い合わせ先

部署名:総務部 秘書広報課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
秘書担当 4013
広聴担当 4023
広報・ホームページ担当 4025
市報担当 4025