トップページ > 市のプロフィール > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 記者会見コメント > 平成21年度 > 市長記者会見コメント(2010年3月8日)

市長記者会見コメント(2010年3月8日)

更新日:2013年08月22日

平成22年4月1日付人事異動について

 平成22年4月1日付けの人事異動に関しまして、石巻市長、石巻地区広域行政事務組合理事長そして石巻地方広域水道企業団企業長として3団体の異動内容につきまして、一括してコメントさせていただきます。

 本日、平成22年4月1日付けの定期人事異動の一部、課長以上の内示を行いました。

 昨年4月に市長に就任して以来、約1年が経過しようとしておりますが、本市を取巻く社会情勢は引き続き厳しい状態であり、低迷する経済情勢の影響等により、市税をはじめとする歳入の減少が見込まれるなか、市民の皆様に満足のいただける行政サービスを維持していくためには、行財政改革を更に推進していく必要があると考えております。

 このため、新年度におきましては、持続可能な行財政運営に向けて「(仮称)第2次集中改革プラン」の策定に取り組むこととしているほか、行政組織につきましても、フラット化やスリム化を図り、横断的で柔軟性に富んだ組織に改編して参りたいと考えております。

 人事異動の内示につきましては、これまで3月下旬に一括して行って参りましたが、今年度は、3月末で部長級職員10名を含む課長以上の管理職21名が退職し、幹部職員の大幅な異動が避けられないことや、新庁舎への移転作業がありますことから、市議会開会中ではありますが、事務の引継を含めた新体制への移行がスムーズに行われるように、「課長以上」及び「特命事項を担当する副参事」について、本日、異動の内示を行ったところであり、他の職員に対する異動内示につきましては、これまでどおり3月下旬に行うことといたしました。

 今回の内示につきましては、8月に実施いたします組織機構の改革を見据え、複数の課長を兼務することなどにより、管理職の縮減を図ったもので、部長級で15名、次長級で28名、課長級で44名の合計87名の異動者数となっております。

 次に、石巻地区広域行政事務組合の人事異動につきましては、行政事務の効率的運営を図るため、視聴覚教材センター機能の全てを平成22年4月1日から石巻市へ移行することから、教育委員会の廃止に伴う人事異動を実施いたしました。

 また、事務の効率化、人事配置の適正化を図るため、行政改革推進担当兼万生園管理運営部門検査担当管理職を理事会部局に配置することといたしました。

 消防本部の管理職の人事異動につきましては、3月末で消防長を含め5名が退職することから、その補充を中心とした人事異動といたしました。

 消防長につきましては、消防本部次長を昇格させ、他の管理職員についても人事管理を重視した適材適所への配置を行うものであります。

 以上、広域行政事務組合理事会部局では5名、消防本部では5名の合計10名の人事異動となっております。

 次に、石巻地方広域水道企業団の副参事職含む課長職以上の人事異動につきましては、本企業団の技術部門の組織強化を図るため、新たに専任の技術次長を配置することとし、次長職を事務担当1名・技術担当1名の2名体制といたしました。

 また、平成19年度から6ヵ年の事業であります「上水道施設整備事業」、平成19年度から9ヵ年の事業であります「簡易水道統合施設整備事業」及び平成19年度から10ヵ年の事業であります「鮎川統合簡易水道施設整備事業」の工事の継続実施、平成22年度・23年度の事業として「石巻大橋送水管整備事業」に着手いたしますことから、事業の継続性を図るため課長職以上の職員配置につきましては、現行の組織体制を継続することとし、異動者は、昇格者を含め、退職者等の補充による必要最小限の6名としました。

 以上のことから、事務局長以下の管理職員数は、平成21年度と同数の17名といたしております。

 各団体の主な内容につきましては、配布しております資料を参照していただきたいと思います。 以上でございます。

お問い合わせ先

部署名:総務部 秘書広報課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
秘書担当 4013
広聴担当 4023
広報・ホームページ担当 4025
市報担当 4025