トップページ > 市のプロフィール > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 記者会見コメント > 平成21年度 > 市長記者会見コメント(2010年1月4日)

市長記者会見コメント(2010年1月4日)

更新日:2013年08月22日

年頭のごあいさつ

 新年明けましておめでとうございます。

 今年は寅年、優れた行動力と果敢な動き、そして冷静な判断力を持つ虎にならい、職員が一丸となり、産業振興、観光事業や街づくりのオーガナイザーとして行動する行政を目指したいと思います。

 さて、昨年は、世界においても、日本においても大変革の年であったと言えますが、2010年は、まさに変革の中身が問われています。

 「変えるべきものは何か」、我が石巻市も変革に果敢に挑戦することが求められています。

 少子高齢化、人口減少や財政悪化と言った本市が直面する課題への解決策を示すことは極めて難しいが、雇用対策、地域経済の活性化、地域自治体制や定住自立圏構想の確立あるいは子どもの育成に関わる諸事業など、今やれることを、職員と心ひとつにして取り組む決意でおります。

 本年度の予算編成に当たっては、私のマニフェストと総合計画の整合性を図るとともに経済情勢の悪化で、歳入の減少が見込まれるため、継続性のある財源の確保と歳出の削減を図ることが必要であります。

 行財政の健全化と効率化を図り、スリム化し、事務事業の実態に即した組織再編や横断的なプロジェクトの活用など、行財政改革を積極的に進める覚悟でおります。

 また、市役所新庁舎を予定している旧さくらの百貨店石巻店の改修工事も順調に進んでおり、3月には、行政機能を集約するとともに、協働の街づくりの拠点としての施設が完成いたします。

 中心市街地活性化基本計画の中核施設としての期待が膨らみます。

 市民が自らの暮らしの満足度を高めていく主体となり、行政と協働して石巻の未来を創りだす体制を整えることが必要であると考えています。

 結びになりますが、市民の皆様の1年間のご多幸を祈念して年頭のあいさつとさせていただきます。

窓口業務の時間延長及び休日開庁の実施について

 本年も昨年に引続き、3月4月の住所異動の届出が集中する期間、窓口の開庁時間を延長し、また、休日開庁も実施いたします。

 入学、就職、転勤などで転入や転出等の届出が集中するこの時期は、場合によっては1時間以上もお待ちいただくことがあり、窓口の混雑緩和と待ち時間の短縮のため、市役所窓口の受付時間を拡大しております。

 内容は、住所異動手続などの市民課窓口業務を、3月26日(金曜日)から4月3日(土曜日)までの9日間について、平日は19時まで時間を延長し、休日の3月27日と28日、4月3日は9時から17時まで窓口を開庁いたします。

 次に、市長マニフェストの休日における窓口開庁についてでありますが、平成22年4月18日(日曜日)より毎月第3日曜日9時から13時まで行います。

 仕事などで平日の日中に来庁できない方のための利便性向上を図ります。

 内容については住所異動時期における窓口業務の開庁と同じく、住所異動手続などを含めた市民課の窓口を開庁します。

 なお、住民基本台帳ネットワークや国民年金関係など他の機関等に確認する業務等一部対応できないことがありますが、出来るだけ多くの方の利便性向上を図るために実施いたします。

 実施に当たり、広くご理解を頂けるよう市報及びホームページに掲載する予定としておりますので、皆様におかれましても周知協力方お願い申し上げます。

お問い合わせ先

部署名:総務部 秘書広報課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
秘書担当 4013
広聴担当 4023
広報・ホームページ担当 4025
市報担当 4025