トップページ > 市のプロフィール > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 記者会見コメント > 平成21年度 > 市長記者会見コメント(2009年9月1日)

市長記者会見コメント(2009年9月1日)

更新日:2013年03月09日

平成21年石巻市議会第3回定例会提出議案の概要について

 第3回定例会提出議案の概要について、説明いたします。

 今回の提出議案は、決算認定が2件、条例関係議案が2件、予算関係議案が6件、条例外議案が1件の合計11件です。

 初めに、平成20年度決算について、説明いたします。

 まず、認定第1号「一般会計・特別会計」決算について、概要を説明申し上げます。

 100年に一度と言われる経済危機の中、地方財政においては、地域活性化施策の充実等に対処するため、地方交付税を中心とした一般財源の総額を確保する対策が講じられたものであります。

 このような状況の中、本市におきましては、将来を担う子どもたちの施策や地域の安全・安心を守る施策については、積極的に取り組むべき大きな課題であることから、石巻小学校、釜小学校耐震補強事業などの教育環境の整備、石巻社会保険健康センター取得、石巻消防署南分署建設事業などを実施したほか、原油価格の高騰による漁業・農業者への燃油高騰対策や国と歩調を合わせた景気対策、懸案であった本市の行政拠点となる新庁舎の用地購入についても取り組んだ次第であります。

 依然として先行き不透明な厳しい経済情勢下ではありますが、市民が、石巻に住むことによって豊かさを実感できるよう、多様な行政需要に対応した重点施策に取り組むとともに、景気対策にも取り組みながら、重点施策を確実に実施していく所存でございます。

 次に、認定第2号「病院事業会計」決算について、主な内容を御説明いたします。

 地方公営企業としての経済性の原則に基づき効率かつ適正な執行に務め、良質な医療を安定的に提供することを基本として患者ニーズに応える医療の提供に努めました。

 平成20年度の診療体制につきましては、石巻市立病院において、平成20年12月に整形外科の常勤医師を採用できたものの、平成19年度末に常勤医師が退職した放射線科を始め呼吸器科、耳鼻咽喉科において、常勤医師不在の中で外来診療を行っております。

 業務の内容につきましては、社会経済情勢の変化や国の医療費抑制策として様々な制度改革が行なわれ、医療費等の患者負担の増加を反映し、全国的に患者動向が減少傾向にある中で、3病院の延入院患者総数は、対前年比5.8%減の74,199人、延外来患者総数は、対前年比6.7%減の117,674人となりました。

 次に、収益的収支につきましては、3病院を合わせた総収益は、対前年比1億4,466万1千円の減の51億5,029万円、また、総費用は4,659万2千円の増の54億1,921万3千円となり、平成20年度の純損失は、前年度と比較し1億9,125万3千円の増の2億6,892万3千円となりました。

 また、減価償却費2億4,911万5千円を差し引かない減価償却前経常利益は、6,618万7千円の黒字となりました。

 なお、特別利益として761万7千円、特別損失として9,361万3千円を計上しておりますが、これは市立雄勝病院及び市立牡鹿病院において過年度における固定資産評価に誤りがあったことが判明したため、これを平成20年度で修正処理したものであります。

 市立3病院を取り巻く環境は、大変厳しい状況ではありますが、今後とも、地域おける役割を果たし、良質で信頼される医療サービスを提供することはもとより、経営のさらなる健全化に向けて努力して参ります。

 次に、条例関係議案について、説明いたします。

 まず、初めに第119号議案「石巻市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例」は、本市におきまして、国家公務員制度準拠を基本として職員の給与や服務に関する制度を改正してきたところであり、昨年の人事院勧告における勤務時間の短縮についても、国に準拠して改正するものです。

 次に、第120号議案「石巻市篤志奨学資金貸与基金条例の一部を改正する条例」は、本市在住の人見朋子氏より1千万円の寄附があり、石巻市篤志奨学資金貸与基金として活用されることを望まれていることから、「人見朋子基金」を新設することに伴い、本条例の一部を改正するものです。

 以上が条例議案であります。

 次に、予算関係議案について、説明いたします。

 9月補正予算の概要について説明申し上げます。

 一般会計におきましては、蛇田支所等複合施設を整備するための用地購入費、石巻赤十字病院救命救急センターの開設に伴う運営助成金及び寄附を受けての篤志奨学資金貸与基金への積立金を措置したほか、国からの補助内定による各種事務事業費などを主体に編成いたしております。

 次に、特別会計におきましては、「下水道事業特別会計」では、不足が見込まれる住吉排水ポンプ場修繕料を、「国民健康保険事業特別会計」では、一般被保険者から退職被保険者への資格移動に伴う組替と平成20年度保険給付費等の精算に伴う償還金などを、「後期高齢者医療特別会計」では、前年度精算に伴う後期高齢者医療広域連合納付金などを「介護保険事業特別会計」では、平成20年度給付費等精算に伴う償還金を、「病院事業特別会計」では、器械備品更新経費を措置いたしております。

 次に、条例外議案1件につきまして、説明いたします。

 第127号議案「公の施設の利用に関する協議について」は、登米市に在住する心身障害児1名が、石巻市かもめ学園を利用することについて、登米市に当該施設がないことからかもめ学園の利用を認め協議書を取り交わすものです。

 以上が、第3回定例会に提案いたします議案の概要であります。

平成21年9月1日付け人事異動について

 本日、平成21年9月1日付け人事異動を行いましたので、報告させていただきます。

 このたびの人事異動は、総務部に原子力・防災担当次長を配置し体制強化を図ると共に平成22年度に実施される国勢調査の準備のために企画部総合政策課に専任の副参事を配置するなど、次長級2人、課長級1人、補佐級以下5人の計8人の異動を行ったものであります。

お問い合わせ先

部署名:総務部 秘書広報課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
秘書担当 4013
広聴担当 4023
広報・ホームページ担当 4025
市報担当 4025