トップページ > 事業者の方へ > 契約・入札 > お知らせ・発注情報 > 総合評価方式の試行再開について

総合評価方式の試行再開について

更新日:2017年10月10日

 平成20年度から平成22年度まで試行として実施していた総合評価一般競争(特別簡易型)については、東日本大震災の特例措置により試行を見送っていましたが、平成29年度より試行の再開をいたしました。

 試行の再開にあたり、制度の改正を行いましたが、制度の改正の主な内容は以下のとおりです。下記の特別簡易型落札者決定基準(基本案)とあわせてご覧ください。

 

1 改正の内容について

(1) 価格評価点の算定方法の変更

 応札率100%における価格評価点を0点としていましたが、応札率105%における価格評価点を0点に変更しました。また、応札率70%における価格評価点を80点としていましたが、応札率85%における価格評価点を80点としました。

(2) 価格以外の評価点の設定の変更

  1. 社会性の評価点を4.0点から2.0点に変更しました。「建設業退職金共済制度又は退職一時金」の加入済み2.0点を0.5点に変更し、「企業年金制度」の加入済み1.0点を0.5点に変更しました。
  2. 地域性(地域貢献)「災害協定又はその他の地域貢献の状況」について、除融雪業務の項目を削除しました。
  3. 地域性(地域貢献)「本支店、営業所の所在地の状況」については、『石巻市内に本社、本店が10年以上所在』配点4.0点、『石巻市内に本社、本店が10年未満所在』配点3.0点、『石巻市内に支店営業所等が10年以上所在』配点2.0点、『石巻市内に支店営業所等が10年未満所在』配点1.0点としました。
  4. 評価の視点において、地域性に(震災貢献)「東日本大震災での対応実績」を追加しました。評価基準は『東日本大震災での対応実績あり』で配点2.0点としました。

 

2 総合評価方式の対象範囲

  • 全工種Aクラスかつ設計金額3,000万円(建築一式工事は5,000万円)以上で、市が総合的に評価することが妥当であると認めた工事

お問い合わせ先

部署名:総務部 管財課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
管理担当 4087
管財担当 4088
契約担当 4084