トップページ > 事業者の方へ > 契約・入札 > 発注情報 > 制限付き一般競争入札の施行について

制限付き一般競争入札の施行について

更新日:2013年04月09日

同一配置予定技術者による複数の入札への参加手続きについて

 入札後資格審査型の制限付き一般競争入札における同一配置予定技術者による複数の入札への参加手続きについて、次のとおり取扱いますので、確認の上、入札に参加されますようお願いします。


 「同一配置予定技術者による複数の入札への参加手続き」については、下記関連ファイルをご覧ください。

 

入札参加資格審査書類の提出について

 入札参加資格審査書類は、これまで落札候補者及び次順位価格者の2者から、入札日(開札日)当日に提出いただいておりましたが、落札候補者のみの提出に改め、入札日(開札日)の翌日までに管財課へ提出していただくこととしました。

 そのため、入札日(開札日)当日は、入札参加資格審査書類を持参する必要はなく、入札日(開札)後に落札候補者となってから書類を準備され、翌日までに管財課へ持参提出してください。

  詳しくは、入札公告を確認してください。


(注)入札会場は、その都度入札公告で確認願います。


 入札予定表以外の日程で、臨時で入札公告を掲載する場合があります。ホームページ等の入札公告を確認してください。
 

制限付き一般競争入札に関するお知らせ

様式第3号(第7条関係)配置予定の技術者に関する調書について

 現場代理人欄は、配置を予定している現場代理人が決定している場合又は現場代理人と技術者が同一の場合に記入してください。

技術者の配置要件について

 技術者の配置については、契約日(工期の初日)を基準とした配置要件の確認を行います。
(入札公告の「2入札に参加する者に必要な資格に関する事項」に記載しています。)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

部署名:総務部 管財課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
管理担当 4087
管財担当 4088
契約担当 4084