トップページ > 復興情報 > 復興に関する会議関係 > 石巻市震災伝承検討委員会

石巻市震災伝承検討委員会

更新日:2017年10月23日

 震災による深い傷跡、悲しみの記憶及び震災を通じて得た教訓を風化させることなく後世に伝えるための各種施策等を検討するとともに、専門的視点による効果的な提言を得ることを目的として、「石巻市震災伝承検討委員会」を設置しました。 (委員会設置要綱

 

会議

第1回委員会

  1. 日時: 平成25年11月27日(水曜日) 午後1時から午後3時
  2. 場所: 石巻市役所5階 市民活動ルームA・B

第2回委員会

  1. 日時: 平成26年1月22日(水曜日) 午後1時から午後4時
  2. 場所: 石巻市役所4階 庁議室及び市内各所(現地視察)
  • 次第、名簿
  • 会議概要
  • 資料1 ・・・講義「災害遺構の事例」 木村 拓郎 委員 (一社)減災・復興支援機構 理事長
  • 資料2 ・・・市内現地視察予定箇所
  • 資料3 ・・・御意見・御質問への回答について
  • 資料4 ・・・住民感情について
  • 資料5 ・・・先進地視察行程案
  • 資料6 ・・・震災遺構の考え方について
  • 資料7 ・・・震災伝承に関するアンケート等の実施について

 

第3回委員会

  1. 日時: 平成26年3月24日(月曜日)午後1時30分から午後3時30分
  2. 場所: 石巻市役所6階 市議会第1・第2委員会室
  • 次第、名簿
  • 会議概要
  • 資料1・・・先進地視察の報告について
  • 資料2・・・震災記録の対象範囲等震災伝承のあり方について
  • 資料3・・・市民アンケートの集計結果について
  • 追加資料・・・意見募集で寄せられた御意見
  • 資料4-1・・・旧門脇小学校の耐久性調査結果について(その1)
  • 資料4-2・・・旧門脇小学校の耐久性調査結果について(その2)
  • 資料5・・・平成26年度の進め方について

 

第4回委員会

  1. 日時: 平成26年7月24日(木曜日)午後1時30分から午後3時30分
  2. 場所: 石巻市役所4階 庁議室

第5回委員会

  1. 日時:平成26年10月16日(木曜日)午後1時30分から午後3時30分
  2. 場所: 石巻市役所4階 庁議室
  • 次第、名簿
  • 会議概要
  • 資料1・・・震災遺構3候補についての保存の意義・必要性の検討
  • 資料2・・・旧門脇小学校の遺構ポイントと保存・活用に向けた課題
  • 資料3・・・校舎の西側の現状、校舎東側の現状
  • 資料4・・・旧門脇小学校の保存方法・活用方法の比較
  • 資料5・・・保存方法・活用方法別の図面及び概算事業費
  • 資料6・・・保護屋根イメージパース
  • 追加資料・・・石巻市新門脇地区被災市街地復興土地区画整理事業事業概要・土地利用計画平面図

第6回委員会

  1. 日時:平成26年11月20日(木曜日)午後1時30分から午後3時30分
  2. 場所: 石巻市役所4階 庁議室

提言

日時:平成26年12月22日(月曜日) 午後4時から午後4時30分場所:市長室

「震災伝承」について 意見を募集しました

震災伝承の必要性について、市民の皆さんの考えやご意見をお聞きしました。

市が考える震災の記憶を伝承するための手法

  1. 記録として保存し、写真・画像(アーカイブ)で伝えていく。
  2. 被災した体験を語り、震災の記憶や記録を後世に伝えていく。
  3. 復興祈念公園等にモニュメントを設置する。
  4. 被災した構造物や津波浸水の痕跡等を震災遺構として保存する。

    など

募集方法

次の事項をご記入の上、FAX又はEメールで提出願います(郵送可)。様式は問いません。

  1. 住所、氏名、年齢
  2. あなたが考える震災伝承とその理由

提出いただきましたご意見に対する個別の回答はいたしかねますので、あらかじめご了承願います。

募集期限

平成26年2月28日(金曜日)  終了しました。

 

その他、募集結果につきましては、第3回石巻市震災伝承検討委員会において報告する予定です。

 

その他

  • 委員名簿(平成26年4月1日から)
  • 平成26年度から一部委員の入れ替わり、役職等の変更が生じました。
  • 委員名簿(平成25年11月27日から平成26年3月31日)
  • 本委員会は、平成26年12月までの間に7回程度の開催を予定しています。
  • 本委員会で検討した結果については、平成26年12月を目途に市長に提言を行います。

お問い合わせ先

部署名:復興政策部 震災伝承推進室
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
震災伝承推進担当 4254